Webページ開設のいきさつ


只今ご覧いただいておりますWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」、内容については現在整備中で、今のところ過去にブログの「マイフォト」で公開していたものと、昨年11月に作成してTwitter上でリンクしたものしかありませんが、今後充実させていきますとともに、コンテンツについても企画がありますので、どうぞご期待ください。


さて、私は2010年12月まで「Kaz-T's blog レインボーライン」というブログを開設しておりました。6年3ヶ月も続き、大変多くの皆様にご覧いただいたブログでした。
今だから言えますが、あくまで趣味の範囲でやっていたはずのブログが、いつしか毎週何かしら鉄活動をやって記事をアップしなければならないという義務感を持つようになってしまい、それが負担になってしまったことと、それ以外のプライベートがおなざりになってしまっていたという状況もありました。そこで2010年の大晦日の記事を最後に更新を停止するという決断をしたというのが実情です。

それから1年が過ぎました。この間で東日本大震災があり多くの方々が被災したという出来事がありました。ブログの過去記事を見直してみますと、この地震で被災した石巻線の女川を訪れている記事があり、その中に掲載されている駅舎や隣接の温泉施設にあった保存車両もあっという間に津波にのみこまれてしまい、跡形もなくなってしまったという状況はただ茫然とするばかりでした。鉄道関連の話題でいいますと、大震災の直前に東北新幹線の新型車両E5系「はやぶさ」がデビューし、大震災のさなかに九州新幹線が全線開業し、群馬ではC61型SLが復活、そのほかにもいろいろな出来事がありました。また、私にとってなじみがある車両が2011年に相次いで引退を迎えてしまいました。2011年3月で京王電鉄の6000系、そして12月には同じく京王井の頭線の3000系が引退してしまいました。井の頭線沿線で生まれ育った者として、3000系の引退は大変感慨深いものがあり、京王線の6000系についても大変なじみが深かった車両であり、この両形式についても思い出はとても一言二言で書き表せるものではありません。

一方で、これまでブログにアップした内容を振り返り、特に画像について新たに私の思い出として公開してもよいのではないかと考えるようになりました。6年3ヶ月続いたブログをコンテンツとして、その中からまとめとして画像をアルバムとして公開することとして、今回のWebページ開設に至りました。

昨年1年間は、Twitterに登録してほそぼそとつぶやいていました。また昨年は私自身も大変苦しい1年間でした。2012年、Webページ開設ということで再び戻ってきたKaz-T、おそらく私の鉄道趣味は一生続くことになると思いますが、その間の思い出などをつづっていくWebサイトということで、ペースはゆっくりになるかと思いますが、今後ともよろしくお願いいたします。

2012年1月1日 原文記述

 2015年6月28日 一部加筆訂正